走行後記 四月

今日は病院の日だった。

予報通り寒くなり、峠では雪が降っているらしい。

この天気は明日も続く。

4月に雪が降るのも、GWに雪が降るのも珍しさが薄れてしまい、残りの灯油の残量を気にしながらストーブを点ける。

 

月に6回の休みがあり、4月は5回ツーリングに行った。

6回目は今日。

4月の北海道は雨が多く、ツーリングに行けない方が多い。

そのため今年のように5回も走れたというのは珍しく、記憶している限りでは初のことだった。

いつもの道を走り尽くし、去年訪れなかった場所に訪れた。

漠然と決めていた今年のテーマを掴んだ気がする。

東へ、というテーマの他に、少し遠くへ、というのを付け加えてみる。

手を伸ばせば届く距離。

でも、伸ばそうと思わなければ、そこへ行きたいと願わなければ届かない場所へ。

去年とは違う方向性に向けて走り出そうと思う。

 

うまくいくかどうかは、まだわからない。

うまくいけば、5月の中旬くらいからまた、走り出せるだろう。