走行後記 四月 その2

会社の窓から外を見ると、景色が薄い桃色に染まっていた。

どこから反射したのか、夕陽の金色と、黄昏の黒が見事に融和している。

 ビーナスベルト、、、ではない。

それは夕陽とは逆方向に見えるもの。

しかし、いつも自分が見る夕陽は桃色を伴っている。

2018年5月22日 19時ちょうど

 

反対方向の東側も桃色になっていて、セットで見れる地球影は山で、難しい話をしなくても見惚れることはできる。

 

GWと改元で外は忙しいのだろう、多分。

自分は仕事で忙しく、ようやくの休みはまた病院へ。

今日は雨。

予報通り雨で、もし晴れたら病院が終わったら走ろうかと思っていたけど、残念。

もし走り出せたとしても、きっとうんざりしてしまうどころか、渋滞で帰ってこれない可能性があった。

それどころか無事に帰れたかも怪しい。

自動車という名の巡航ミサイルで撃沈されていた可能性は高い。

 

峠では雪が降り、平地では雨。

ところにより雷。

ストーブは点けている、洗濯物の乾きもよいので。

桜は咲いているけど、自分は好きでもないし、花見の習慣がないので特段何もない。

花は、、、今年こそニセアカシアに期待している。

2年続けて雨風で即座に散ったので、今年は期待している。

 

楽しいことはすぐに忘れて、何度でも楽しめるように出来ている。

去年の5月、何をしていたのかと問うてみたら、何も思い出せなかった。

洞爺湖へ、、、という事しか出てこなくて、ほとんど全て忘れているようだ。

思い出せたのはこの日の出来事くらい。

楽しみにしていた春紅葉も見ることなく、今年は終わってしまうかもしれない。

ニセコパノラマラインを走る日は、相当遅くなってしまうかもしれない。

そもそも走れるかどうか…

 

いや、走り出すなきっと(笑)

グーグルフォトの去年の写真を見ていたら、いてもたってもいられなくなってきた。

どうにかして走り出すだろう。

ちょっと考え事がやる事が多くて煮詰まっていた。

 

眼の前の面倒を片付けて、走り出す。

ただそれだけのこと。

2018年5月9日 ニセコパノラマライン入口 12時9分