走れオザキ 26

今日走り出さなければ、次はいつになるかわからない。

色々あったけど、無事に走り出した。

 

もう陽が長い。

きっと8月よりも長いと思う。

予想よりも渋滞していなかった道路を、ゆっくりと走る。

対向車線のオートバイが手を振ってくるが、ここはそんな場所じゃない。

ここは狩場だ。

33-72の狩場…

今日はナイスショット。

続々と寄せられる戦果の報告に、僅かながら華を添えてみた。

 

と、そんな事をしていたら夕陽に間に合わなくなる。

今日は赤井川村の冷水峠には行かない。

余市町のモイレ浜へ向かう。

余市町 モイレ 18時21分~31分

 

太陽はシリパ岬の左側へと沈んでいく。

ゆっくりと沈んでいく夕陽を眺めている…ことが出来なかった。

出る時はなかった風が強く吹いていて、気温は10度くらいしかなく、寒い。

自販機にホット飲料はすでにない。

もう少し見ていたかった、そう思いながら走り出した。

CB1100の、ストーブと変わらない熱量を発する空冷エンジンが暖かい。

 

オートバイをじっくり走らせると、不思議な感覚に見舞われるようになる。

今まで速度を出していた道も、ゆっくりと走らせると、違う楽しさを覚えるようになった。

もう少しスピードを出したほうが、車体は安定するはずだけど、その速度以下で走らせることに、何か感じるものがあるのだ。

 

いつもの場所で見ない夕陽と、いつもの場所で見る夕陽。

余市町 フゴッペ 18時43分

 

やっぱり走らせてよかった。