走れオザキ 32 #夕焼けチャレンジ

今日もまた赤井川村へ走り出してみる。

今月はすでに2回も休日をダメにしているので、チャンスは可能な限り使いたい。

CBで出来ることはTWで出来るのか。

 

以前は出来たのだから、当然出来るはず。

当然出来るはずのことが、出来なくなっているのが現在の状況。

何があってもおかしくないと思うが、予想に反して、出来た。

 

長い距離を走った時の、TWの乗れてない感は見事に彼方へと消え去っている。

CBよりも容易に、素早く馴染んで、あっという間に人車一体となる。

 

必要なのは太ももの筋肉なので、走行中のオートバイの上で空気椅子をキメる。

前も後ろもあいているなら、じっくり走りながら筋トレをする。

太ももの筋肉が悲鳴を上げて、その限界をさらに超えていく。

何をしているのか…と。

 

遊びの大きくなっていたリアブレーキを調整して、冷水峠を駆け上がる。

薄曇りの中に羊蹄山

赤井川村 冷水峠 18時10分

 

ここ数日、青空を見た記憶がない。

午前中は晴れていても、午後から雲が広がる日が続いている。

去年の6月に比べればずいぶんマシだと思うけど、5月の天気が良すぎたのも影響している。

 

セコマでコーヒーを開けて、車体をチェックしていると、ナンバープレートの取り付け部分が崩壊寸前なのを発見する。

以前から発見していたけど、忘れていた。

そろそろ振動で砕け散って、不味いことになりかねない。

暇が…休日が雨だったら再発行してこようと思う。

 

 

帰りの風に冷たいものが混じり始めた赤井川村を後にする。

道路の途上で、最終バスとすれ違う。

外輪山を、トンネルを抜けて降りていく。

 

左手に沈む太陽。

ゴルフ場を過ぎたあたりから見えるようになる。

夕陽を期待できるかは微妙な空模様。

 

着いてみると、期待を裏切るような光景に出くわした。

余市町 フゴッペ 18時55分

 

一番手前がシリパ岬。

写真ではその奥と、さらに奥の岬まで見える。

夏至近くだと、太陽はシリパ岬に沈まないらしい。

 

今日はいい夕陽を見れた。

そう思って少し夕陽を眺めていると、みるみる沈んでいく。

太陽の下にある雲の中へと。

10秒毎にはっきりとわかるほど沈んでいく。

 

これは、、、少し待ってみようか。

 

そう思って、オートバイに腰掛けて、夕日が沈む様をゆっくりと見届けてみる。

19時0分

19時6分

19時15分

 

あたりを見渡すと、ギャラリーが出来上がっていた。

20分ほどの夕陽ショータイム。

ただ、じっくりと、夕陽が沈む様を見ているだけ。

 

 

涙が出そうになるが、実際に出たのは鼻水だった。

夕陽チャレンジに、夕陽ショータイム。

夕陽と書くか、夕日と書くか。

それは時と場所と、気分次第で。