中古スマホを買ってみた

ちょっとわけあって中古のスマホを買ってみた。

機種はSH-02H ソニーXPERIA Z5 Compact。

ascii.jp

 

2015年の冬モデルだから4年前の機種になる。

ちなみに自分が今使っているスマホはZE520KL ZenFone3。

 

中古で状態はCランク。

お値段5000円くらいで、Wi-Fiに繋げて部屋から動かさない利用方法をするつもりだったけど、起動させて初期設定を済ませていると驚くほど滑らかに動作して気が変わった。

 

ちょっとスペックを調べると、SoC(パソコンのCPUみたいなもの)がSnapdragon810で、メモリーこそZE520KLより足りないものの、コンパクトで分厚い重量感のある筐体は嫌いじゃない。むしろ好きだ。

ディスプレイはさすがにHD:720×1280で、一昔前の発色って感じだが、カメラはフロントが2300万画素も備えている。

 

そうだよ、ファーウェイのP20liteを買った時に知ったんだった。

元が高いスマホは型落ちしても性能はいい。最初から安いやつはクソだ。

SO-02Hは発売当時一括価格が85000円くらいだったようで、自分ならまあ無理だ、アイフォン買うぜって金額になってますね。

 

 

SIMロックは解除されてないけど、手持ちのSIMはドコモのMVNOのSIMなので問題なく動作しそう。

システムアップデートを受けたので、結構長い間使われていなかったらしい。

そうなれば支払いが終わっていない機体でもないので、安心して使えそうだ。

 

難点は発熱。

防水使用で高性能チップをフル回転させると相当な熱が出る。

するとスマホの方でSoCのクロック数を減数させてしまうので、暑い日にナビとか使うのは結構無理がありそう。

イヤホンと電源線入れるところにカバーがないけど、これでも大丈夫なのか?

 

とりあえずまだセットアップが終わっていないので、普段使えるようになるまで数日かかりそうですが、使えるとどうなるかが楽しみです。