此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

10月25日のツーリング 紅葉巡り三ヶ所目 善光寺と洞爺湖 その3

虻田から洞爺湖へ行く場合、大抵の人はR230で行く。

たとえr578で行ったとしても、途中からR230で行くのがほとんだ。

ツーリングマップルからも道道として忘れ去られているr578の、月浦展望台までの道。

 

r578 月浦 13時28分

 

右手には洞爺湖が見える。

 

r578より 洞爺湖 中島

 

ちょっと言葉にならない。

この場所からこんな景色が見れるというのを忘れていた。

 

せっかくなので展望台にも寄ってみる。

相変わらず誰もいない、月浦展望台。

 

洞爺湖 月浦展望台 13時36分

 

見応えのある紅葉なら道の途中。

湖を楽しみたいなら展望台。

来年の秋にはきっと忘れているだろう。。。

幸運にも思い出したら、また来ようと思う。

 

 

洞爺湖の中島には饅頭島という島があるけど、紅葉した島はまさにもみじ饅頭そのもの。

湖畔の紅葉はもう一歩という感じだったけど、降ってくる落葉が体に当たってバチッと音が鳴るのが楽しい。

 

r132 14時15分

 

洞爺湖に見惚れながら走ったので、湖畔の写真はこの一枚しか無い。

いつもここで撮っている。

r132の、洞爺湖南西の湖畔。

 

自分にしては珍しく、壮瞥町からR453に入らず湖畔を完全周遊してR230でルスツ方面へ抜けた。

何しろ日没が早いので、この時間から帰路についても暗い中を走る事になる。

 

ルスツには新しいセコマが出来るらしく、オープンは間近。

 

 

付近には確かローソンがあったきりで、たまに利用していた記憶がある。

セコマが出来たら自分はローソンには寄らなくなるだろう。

 

倶知安に到着したのは16時位。

途中小雨が降ってきたのが何度かあったけど、濡れずに1日走り切ることが出来た。