此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

TW225のオイル補充

ちょっと前にTWのオイルレベルゲージを確認すると、オイル量が下限以下だった。

このためオイルを補充したんだけど、エンジンをかけて放置するとまた下限以下になっていた。

 

何度か繰り返していたけど、本日も下限以下だったのでさらにオイルを足す。

最終的にいくら足したのか正確な数字はわからないけど、多分300mlくらいは入れたんじゃないかと思う。

通常のオイル交換で1リットルジャストなので、わりとやばい数字と言える。

 

TWはセンタースタンドがなく、メンテスタンドをかけるためにはチェーンガードの一部を外さないとうまくかけれないので、直立させるのがややめんどくさい。

そのためサイドスタンドの下に余ったツーバイフォー材を下駄にしてる。

 

とりあえずタイヤ空気圧と共にオイルレベルもツーリング毎に確認しようと決めた。

本当はネンオシャチエブクトウバシメの全てをやるべきなんだけど、自分がやっているのはネン、シャ、チェ、くらい。

思い出したかのようにトウ(灯火類)のチェックをしたら、リアブレーキペダルを踏んでもなかなかランプが点かない状態だった。

これはブレーキランプスイッチの点灯タイミングの設定が悪かったってこと。

 

事前準備と確認が完璧なら整備は完璧。

完璧な洗車は完璧な確認作業。

 

自分に言い聞かせているのですが実践はまだまだです。。。