此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

ショウエイ Z-7 口元エアインテーク 異臭問題 その2

まさかのその2。

書いてる人もまさか2があるとは思ってなかった。

 

 

結局USBファンで数日送風を続けたところ、異臭は完全になくなった。

多分、送風によって菌が飛ばされ続けて増殖できなくなり、気温の低下と湿度の低下に耐えきれなくなったのだろうと思う。

ついでに止めとばかりに殺菌作用のある物を投入してみた。

 

 

 

空気清浄機。。。というかオゾン発生器という表現のほうが多分正しい。

送風機能はなく、ただオゾンを発生するだけ。

一般的な空気清浄機=ファンで空気を吸い込んでフィルターで濾過する機能はない。

なので2枚目の写真のようにファンで送風している。

ヘルメット内で発生させたオゾンをファンでベンチレーション内に強制的に送り込む。

この方法でベンチレーション内から発生していた異臭は完全に消去された。

 

オゾンが脱臭に効果があるのは理解している。

その昔ちょっと高めの送風機能付きオゾン脱臭機を買ったことがあったので。

ただ、なぜかオゾン発生機能が1年の保証期間内に壊れてしまい、サポート担当の人に「これ、また壊れますよ」と告げられて本当に壊れてしまったという過去があった。

富士通の…これ以上は言わないが。

 

あまり高濃度のオゾンはよろしくないが、メット内の雑菌を減少させる程度なら十分。

なお、オゾンではメットの内装に付いた頭皮や皮膚由来の皮脂の酸化臭は除去できないので、そちらはファブリーズなどの使用をオススメする。

 

 

………ちょっと思いついたのが、冷蔵庫にメットを入れてベンチレーション部分にファンを乗せればいいかもしれない。

低温、低湿度環境の冷蔵庫は言うまでもなく感の増殖抑制には最適の環境。

メットが入るほどの大きさも備えているけど、冷蔵庫を開けたらメットが鎮座していても大丈夫な家庭は少ないと思うので、止めたほうがいいでしょう。

 

あと、自分はアフィリエイトはやっておりませんので、このブログのリンクから商品を買わなくても全然大丈夫。

むしろ何か違うもっと良いのがあれば、ぜひ教えていただきたいほどです。

 

とりあえず、メットの異臭にお悩みの諸兄にオゾンと送風はどうでしょうか、という次第でした。