此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

2019年シーズンまとめ その2

今シーズンのハイライト。

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 レイクブルー支笏湖

洞爺湖では見られない、空気すらも青く見える支笏湖の風景。

秋の始まりによく見ることが出来るが、今シーズン見れたのはこの時だけ。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 赤岩青巌峡でもかなやま湖でもなく、東へ向かうための新しいルートを作った事。

R337からR12にスイッチして岩見沢へ入り、そこからr30→r749→r477→R274へと繋げるルート。

苦手だった平野部の強風地帯を避ける事の出来るルートで、実走してみるとじつに具合が良かった。

日が長い時期なら東胆振方面にも抜けることの出来るルートで、恐らく来年はこのルートをさらに開発していくんじゃないかと思われる。

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 夕日を見るのが好きだ。

今日の夕日をどこで見ようかと思うほどに好きだ。

一番好きなのは忍路湾。

来年も夕日を追いかける予定。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 今シーズン一番きつかったのは多分これ。

垂直の崖を登ったのが一番きつかった。

間違いない。

手術した後の痛みでナースコールすら押せないフリーズもきつかったけど。

精神的にはスマホを落としたほうがきつかったけど、ともかくツーリングだとこれが一番きつかった。

きつい思い出は後で笑い話に出来るものがある。

これもそういった類のこと。

なぜ自分はあんな崖を登ったのか…と今は笑って話せる。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 連泊ツーリングは道東へ。

3日間の予定では道東を回るのは時間が足りなさすぎるとわかった。

行きと帰りだけで1日づつ消費してしまうので、十分に回りたいなら5日ほど休暇を申請したほうがいいだろう。

自分にはとても無理そうな話だけど。

知らない土地の知らない道を一日中走り続ける幸せ。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 今年の9月は天候が大当たり。

夏は不順に終わったけど9月がそれを補ってくれた。

今年も洞爺湖へ訪れた回数は多い。

まだ見つけていない洞爺湖の魅力がある。

それを来年も探したい。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 今シーズン最大の発見は道道755号の発見。

自分に合う道の発見。

何の変哲もない地方道なんだけど自分の琴線に触れるものがある。

r695と同じ様に。

 

 

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 

konosakimatukura.hatenadiary.jp

 紅葉を楽しんだ。

今年は紅葉が大当たり。

見頃が遅かった場所は来年のお楽しみ。

 

そしてちょっとだけ延長したシーズンの11月にラストランをして終わった。

毎年恒例の寒さの中のツーリング。

染み入る冷気がたまらない。

 

 

こうやって書くとずいぶんお楽しみだったようで…という事になってしまいかねないので、次回はやらかした事のまとめでも書いてみたいと思います。