此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

Redmi Note 9Sを開封してセットアップ(おれはiPhoneをやめるぞ!ジョジョーッ!!)その3.1

セットアップで弄くり回しているとバッテリーが減ってきたので、充電器に差してある適当なUSB-Cのヤツで充電していたけど全然容量が増えない。

こりゃあもしかして…と感じてテスターをかませると電流計測で0.9Aという結果が出る。

充電器はRAVPower製、ケーブルを純正ケーブルで充電してみると1.4Aくらいまで電流は上昇した。

 

過去にテスターの存在が充電を阻害している要因だったってのがあったんだけど、今回はどうだろう。

とりあえずAnker製の充電ケーブルとUSB-C変換アダプタは相性が悪いらしく、使用しても充電する事はできなかった。

iPhoneにした時に勃発したケーブル問題がまたしても…

部屋用は純正ケーブルでいいとして、モバイルバッテリー用のケーブルを探し出さないといけない。

 

 

 

追記

純正充電器+純正ケーブルの組み合わせで最大電圧が約9V。最大電流が約2Aという結果が出た。

Anker製の充電ケーブルでも充電できたので、どうやら変換アダプタとの相性がすこぶる悪いらしい。

モバイルバッテリーは基本的に充電がマイクロUSBだから、出先で充電する必要が出た場合用にケーブル2本持ちになりそう…