此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

湿疹の発生と行方 その9

ここ数日新規の症状が出ず、もっともかゆさが発生していた寝起き、風呂上がり、仕事終わりにかゆさを感じず、丸一日投薬しないでも問題がなかったことから

 

2021年2月3日の起床をもってアレルギー性湿疹との戦いを終了した。

 

今日は終戦記念日

湿疹の痕が体のそこら中に残っていて、肌がガッサガサで乾燥肌のかゆみがたまに出るけど、我慢できないので掻きむしるしかなああああああい!というほどじゃない。

よかった、本当に良かった。

原因がわからずじまいだったのがアレだけど。

今日からは風呂上がりに全裸で体のアチコチに薬を塗りたくるって事もない。

塗りたくる方の薬は使い切ったけど、飲む方の薬は大量に(一ヶ月分)も処方されたので、再発しても一応は安心だ。