此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

18日ぶりに軽トラを訪れてみた

グーグルマップのロケーション履歴を確認すると、軽トラ置いてる駐車場に最後に訪れたのは2月1日となっていた。

その日のタイムラインを確認してみると、灯油を買うために軽トラを動かしたらしいことが判明した。

そしてその日以来動かしてもいなければ、駐車場に近寄った形跡もない。

 

 

2週間以上の日々の天気を思い出すことは難しいけど、直近では気温が上がって雨が降った後に台風と変わらないような低気圧の直撃を食らって北海道は大変だった。

www.data.jma.go.jp

15日の夜遅くから16日にかけて太平洋沖で急速に発達した低気圧は、気圧が946ヘクトパスカルISSからヤバそうな状況も撮影されていた。

 このデタラメに渦巻いてる低気圧は1日で終わらず居座ってくれた。

この規模の低気圧が2日も居座るというのは大変珍しく、えりも岬では案の定最大瞬間風速が40メートルオーバーで色々な物が吹き飛んでいった。

過去に同様の風速で無敵食堂が火事だったけど、風が強すぎて消火活動は断念されて燃え尽きた時と同じくらいの風の強さだった。

ん、2日目も30メートル超えてたらしいので、色々なものが吹き飛んでいったはずだ。

 

北海道の東西を繋いでいる道路も軒並み通行止めになり、一部では陸の孤島と化した地域も出たほどだった。

札幌は風が強かったけど気温は下がらず雪はそこそこ。

風が強いと吹き溜まりになる場所は積もるけど、そうじゃない場所は行きがぶっ飛んでいくのであまり積もらない。

 

自分の駐車場は軽トラの向かって左側が吹き溜まりになってドアが開けれないほど積もっていたけど、右側はまったく積もってなかった。

てっきり車体全てが雪で埋まってると思っていたので拍子抜けした。

ただし、駐車場に置いてたスノーダンプとスコップが見当たらず、過去に盗難された事があったのでまたやられたのかと思ったら、雪で埋まってるだけだった。。。

 

 

小一時間の除雪で駐車場から動かせるほどで、破断したあおり板はタイダウンベルトで補強。

軽トラは次の車検を通さないことが決定済みなので、今シーズンの灯油の配送さえ出来ればあとはどうでもよろしいという感じ。

今まで軽トラを使ってやっていたことのほとんどが、代替可能な方法を見つけたので、雪が溶けたらそれらのテストをしようと考えている。

 

それらっていうか、電動アシスト自転車でオートバイのタイヤをバイク屋へ輸送するやつしかないんだけど…

もしかしたら電動キックボードの法整備が進んで、運用が簡単になったらそちらを使うかもしれないけど、今のところは電動アシスト自転車の方向で作業を考えている。

どうするかはもうちょい先に。