此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

CB1100の乗り出し前メンテ その5

明日CBで走りたいのでぜひとも今日中に終わらせたいって事で取り組んでみた。

残りはリアブレーキの揉み出しとフルードの交換。

それと外してたいくつかの部品を取り付けるだけだ。

 

作業開始前から嫌な広がりを見つける。

またフルード滲んでませんかねコレ?

パークリでキャリパーを清掃して交換後様子見ってことで。

 

 

リアタイヤを外すとめんどうが一つもないリアブレーキの揉み出しなんだけど、残念ながらタイヤ脱着の時間がない。

一応外さなくても可能なんだけど作業スペースがえらい狭い。

ピストンはとても汚れていたけど固着はない。

狭いスペースで慎重にメタルラバーをかけて磨いていく。

 

 

そしてフルードの交換。

 

リアブレーキは足で踏んでやる分フロントよりも楽だったりする。

 

特に難しい事はない。

難しいのは確認を怠らない事と正しい事を知っているか。

作業前と同じ状態なのか、正しく作動するのか、見たり触ったりして違和感はないか。

 

自分の作業を全く信じなくなったので今までやった作業箇所を見返していると・・・

クラッチのブリーダーボルトの根本からフルードがorz

 

これは…明日走ってからブリーダーボルトのネジ山にシールテープコースとなる。

リアブレーキのブリーダーは一度補修してるんだけど走ってみて確認しよう。

 

明日は夕方から雨予報なので早起きして帰ってこようと思っていたけど、時すでにお寿司。

いつものツーリングと同じ時間の出発になりそうでござるよ。