此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

TW225 不調

一つ目の不調はシフトアップ不調でこれはCB1100と同様の症状。

前回のツーリングでも症状が再現されたので本日対策に取り掛かる。

CB1100だとクラッチは油圧で、原因が油圧クラッチのフルードがエア噛みしてるという理由でほぼ間違いなさそう。

エア噛みしてるので油圧が足りなくてリフターロッドをあちら側に押し込む量が足りてないんじゃないかと思われる。

 

対してTWはクラッチがワイヤー式。

クラッチレバーを握ると握った分だけワイヤーが引っ張られて…じつはどうやってクラッチを切っているのかは理解してない。

が、レバーを握るとクラッチ切れるという事さえともかく理解していれば今回は大丈夫。

握っても切れないが原因なので握ったら切れるようにしてしまえばOK。

 

TWのクラッチはレバーの遊び調整で多分直りそうかと。

レバー交換した時に遊び調整もしたけどちょっと遊び量が多くなっていた。

適正なクラッチレバーの遊び量はレバー先端が10ミリ~15ミリなので25ミリは多すぎた。

まだテストしてないので何とも言えないけどこれが原因だと思ってる。

 

 

 

もう一つは始動直後とアイドリングが微妙に安定しないというもの。

こないだの始動しない件もそうだけど、燃料と空気と電気(正確には混合気と圧縮と火花)の全てが問題無しで異常が出ているのはちょっと困る。

あまり考えたくはないけど交換したフロートバルブが原因とか、まだ確認してないエアクリボックス側のホースジョイントが外れかかってるとか。

フューエルワン入れたら直ったみたいな感じで直るといいんんだけど、、、

お祈り効果で入れてみようかと思う。