此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

ガチガチのトイレ

最低気温がマイナス10度という極寒状態で、トイレの水道管が凍結!

非常にまずい、、、いくつもの理由で。

 

 

一番まずいのは、トイレの水道管が元管のすぐ側だということ。

建物を縦断しているぶっとい水道の一番最初につながっているのがトイレなのだ。

なのでこの部分が凍結すると元管付近まで凍結が生じ、最悪の場合は元管が破裂するという事態になる。

 

次にまずいのはもちろん用を足せないことだ。

一応他の水道は(トイレから先の分岐は無事だった)使えるので、トイレまで容器に水を入れて運ぶことは可能なんだけど、我が家のトイレは節水タイプではなく水を大量に使うタイプなのでかなり往復する必要がある。

 

トイレ付近の水道管が破裂というのもかなりまずいけど、トイレから先の水道も全て停止しているので相当不便な状態。

とりあえず風呂と洗濯機は使用不可能で、解凍用のストーブを持ち込んで凍結部分と思われる箇所にファンで温風を送風してみること2時間ほど。

 

つい先程ようやく解凍に成功した。

なお、水道管は一度改修工事が入って金属じゃなくてプラ類の管になっているので電熱で解凍する方法は不可能。

今は外気温も上昇しているようで再凍結の心配はあまりなさそうだけど、次の寒波にはとても注意しなければならない。

 

ケチってた灯油をこの解凍でかなり消費してしまいました…

それでもまだケチった分の方が多いので、寒波が続くか連発しなければ冬を越せそうです。