此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

キジマ風電動空気入れ その2

前回

 

 

とりあえずスポークホイール車ではアダプターが必須だということ。

自分は持っていたので着けてみたんですが、こいつは付けるときと外す時に盛大にエアが漏れるんですね。

そのため入れた以上の空気が抜けてしまい使用を断念。

もう一つ持ってるのはエア漏れがほぼないやつ。

www.astro-p.co.jp

 

これなら問題なくエア入れが可能。

そして電動空気入れに表示されている空気圧がどれくらい正確なのか試してみたのですが、TW225だと誤差が15kPaという感じでした。

規定値の125kPaで設定して入れてエアゲージで確認すると110kPaしか入っていなかった次第。

そこで140kPaに設定して入れたら規定値の125kPa入りましたとなりました。

 

 

数回テストしてみてバッテリーがダメになったり加熱でダメになったりはしていない。

でも正直こいつを使用することを前提で林道に入るのはあんまりしたくないかな。

二酸化炭素のエアボンベの方が確実でいい気がしてきた。

とりあえず買おうと思っている諸兄がいたら、空気入れのホースが

 

こういうタイプの物にしたほうが無難だというお話で。