此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

夏、いってしまう

北海道の夏はお盆まで

 

今年は少し早い

 

会社からの帰り道

 

半袖一丁で自転車を走らせると少し寒いほど

 

自転車を止める場所の真ん前にススキがあり

 

日増しに伸びて秋の訪れを告げるので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刈ってさしあげた次第

 

 

 

 

 

 

 

残暑が厳しいの大歓迎

 

夏がいかない呪いはないものかと

 

 

その前に次の休みの雨予報が何とかならないものかと悩んでみる