TW225の修理計画 その52

ツーリングから帰還して、その足で軽トラを出して、TWを引き取りに行った。

修理を依頼していたのだ…破断させた配線の接続作業を依頼していたので…

 

f:id:konosakimatukura:20190720225353j:plainTW225 クランクケースカバーの裏側(※画像は自分の車両のではありません)

 

2本配線があるけど、どちらも見事に破断していた。

根本からブッツリと。

写真だと上の方の三角になっている、配線の保護部分がない箇所が、ブッツリと切れていた。

切れていた写真を見せてもらったので、手で顔を覆って何も見ないフリをしてみたかった。

無理な話だが。

 

修理費用は約12000円で、ガスケットは新品を持ち込んでいたのでその分の費用はかかっていない。

新品にしたガスケットをさらに新品にしたんだよ、と。

ちなみに配線は最終的にシート下に行き着く。

 

 

レギュレーターの上にカプラーが集合している部分にたどり着く。

配線通すのも超面倒くさい。

ケース外したらオイルは出てくるし、ガスケットは剥がさなきゃならない。

破断した配線をハンダでくっつけて、ちゃんと電気が通っているのを確認し、問題ないよう仕立てなきゃならない。

いろいろありがとうございましたorz

 

 

ツーリングの翌日は筋肉痛と疲労で何もできず、手を付けたのは本日。

まずは減ったオイルを補充し、行われた作業を確認し、中断してしまったステップ交換後のペダル調整を行った。

試走までは無理だったので、明日は走ろうと思う。