TW225の修理計画 その54

早起き可能で一日半が休みだった今月最高の休日が

見事雨天で、不貞寝して終了したのでちょろっとブログを弄ってみた。

 

ブログのデザインはその少し前に変更してたけど

ブログタイトルと記事タイトルの色を変更してみたのだ

色は非常口とかに使われてる緑色。

 

 

今回のTWの修理箇所はふたつ。

 

ひとつはまずエンジンのフィンの振動防止のゴムだ

 

 

パーツ名はどれもアブソーバになっている

品番は違うけど、内2つはどうみても同じ物としか思えない。

 

このフィンの間にぶち込まれてるゴムが

一箇所だけさよならしていたのだ

 

 

プラグの下あたりに入っていたやつがさよならしてた

以前からここだけゆるゆるで、一度さよならしかけていたけど

とうとういなくなっていたというわけ。

 

入れるのは押し込めばいいだろうと思っていたら

とてもじゃないが奥まで突っ込むのは不可能

シリコンスプレーを塗布してニュルッと入れておいた。

 

それでも簡単に取れるレベルじゃないので、この部分だけゴムの劣化が早かったか

部品の品質がよろしくなかったかしたのだろう。

 

 

 

もうひとつはステップ。

 

やはりノーマルステップの高さが合わなかったので、以前使っていたステップの新品を購入した

 

 

左が以前の物

溝があるのは糸鋸でギコギコしてみたからなんだけど

ローレット加工が完全になくなっているただのアルミの棒には

滑り止め効果としてはほぼ無意味だった。

 

交換してステップの上で靴底をぐりぐりしてみたら

驚くほど食い込む

全然滑らない

ステップ荷重しまくりの自分にはまったく頼もしい。

 

荷重掛けたら外側に滑って踏ん張り効かないってのは

これであと数年は大丈夫だろう。

 

 

一応これがダメになり、部品が廃盤になった場合のことも考えて

他に対応品を考えているので、それも完成したらテストしてみようと思う。