此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

夕日茜走 3

昨日まで冷たかった風が今日は暖かかった。

天気予報では午後から下り坂。

一面の青空なのに曇るらしい。

そして明日は雨だ。

 

 

 

走り出す。

西へ向かって。

 

燃費に影響してるってほどに高くなっていたアイドリングを少し低めに設定し、フューエルワンを入れていたのを思い出して急いでTWを暖気させる。

チョークを引いて送り込まれる空気の量を減らしてキャブをガボガボ言わせてみる…

 

その間に乗る人の方も出かける前に用意していたレザーチャップスをとうとう装着する。

何しろ履いた事のない代物なので履くのも脱ぐのも時間がかかる。

TWに乗ってレザーチャップスを履いてる人間などいくら面積が広い北海道でも自分くらいだろう。

札幌圏でそんな変態はきっと自分ひとりのハズだ。

 

 

 

 

しばらく雲の中に沈没していく夕日をじっくりと眺めていた。

夕日もイイんだけど水面のグラデーションもすごくイイんだ。

自分が書くと台無しになっているけど。

 

前回のツーリングでイマイチな写真しか撮れなかったのでRedmi Note 9Sのカメラについてちょっと調べてみた。

するとデジタルズームはよろしくないのでズームしないで撮れ…という難しい結論に到達する。

レンズが4つも付いてるスマホだけどスマホカメラの性能はレンズの個数が左右しない。

あとは写真の縦横比をちょっと考えて3:4で写してみるとか。

今まではもっぱら9:16で撮影していたので。

 

ブログに画像をアップするなら9:16の方が見栄えが良かったんだけどツイッターに上げるならどっちでもいいんじゃないかと。

 

 

 

あとはもちろんライディングの事とかもやっているんだけど、こうして振り返ると短い走行の中に色々詰め込んで走っているなぁと感心した。

帰りは国道じゃなくて農道を走って帰ってきたら単独鈍行のハイエースがいてどうにもならなかった。

これは高速で帰ればよかったかと思ったほどに。

 

 

 

レザーチャップスに関してはもうちょっと履いてから書こうかと思う。

履いてしまえばそんなに恥ずかしくないんだぜ…ということで。