此先松倉

日常が緩やかに崩壊していく様を書き綴っているかもしれない

夕日茜走 6

久しぶりに晴れた気がした。

 

でも寒い。

GWに雪が降って5月の観測史上最高の積雪を記録した層雲峡お前の事だみたいな場所もあったほどに寒かった。

もちろん路面が乾いていれば氷点下でも走り出す始末に負えない人達にはそんな事は関係ない。

走り出してみたところ車体がコンパクトに感じられてすごく調子が良ければなおさらだ。

 

 

 

 

今日はオートバイが加速した。

いつもはぼくが加速するけど今日はオートバイの方が加速した。

あちこちに問題がないので滑らかに曲がっていく、、、が、今日はライテクの話は置いといて夕日は途中の道の上で見送った。

 

赤井川村カルデラ盆地の中にあるので日没が早い。

外輪山の向こう側に夕日が沈む時間に訪れるようになるにはもう少し季節が進まなければならない。

それでも日没前に赤井川村に辿り着ける季節がやってきた。

 

今日は盆地の中に降りた。

目の前を地元スペシャルの軽トラが降りていったので冷水峠は全線開通したんだろうと確信したからだ。

 

 

赤井川村のセコマでホットのお茶を買う。

最近味覚が変わって緑茶がとても好きになった。

以前は好きじゃなかったのに。

飲み比べてみると伊藤園の緑茶が頭一つ抜けておいしい。(※個人的な感想です)

お~いお茶緑茶だけじゃなくファミマPBの緑茶も飲んだらずいぶんおいしいなあと思って製造を見たら伊藤園だった。

 

まあお茶の話もいいとして、仕事終わりからオートバイを走らせるのはすごくイイ。

行きは加速したけど帰りは鈍行だった。

オートバイは行きに比べると眠っているかのように穏やかだった。

帰りも峠を走る予定でいたのにいつのまにか道を通り過ぎてトンネルを抜ける。

赤井川村は気温が6度。

もう畑は始まっていた。