iPhoneSE(第2世代)のセットアップ その2

もう終わったの報告ではなく、まだ終わってないの報告。

途中色々やりながらセットアップをしていたので終わっていない。

このブログを書いているのもそのうちの一つ。

部屋から一歩も出ないでただただだらだらとiPhoneのセットアップを進める。

 

発狂しそう!

 

よくわかったのは自分にはiPhoneは向いてないねって事実。

まだSIMカードも差して無いのにどうしてそう言い切れるのかは簡単で、iOSは細かい部分の設定が出来ないから。

Android端末なら設定項目に存在しないものはアプリを入れてどうにかしてしまうって手が可能だけど、iPhoneにはそういった手段がどうやら無いらしい。

 

例えば着信音と通知音のボリュームを別々に設定できないとか。

PCからアプリのインストールを指示できないとか(Macなら可能)。

 

触ってて驚くほど出来ない事が多くてびっくりした。

あれもダメ、これもダメだあああああ、という感じ。

最初からiPhoneだった人にはきっとわからない感覚だろうし、iPhoneしか触らない人にはいらない感覚なんだろう。

 

インストールされているUIが気に食わないからランチャーアプリで表示されるほとんどの部分を変更してやったなどという事はiPhoneには無理。

基本的に初期の設定から大きく逸脱するような事は出来ないようになっている…らしい。

これだと管理する側は楽だ。

アプリを作る側も楽だと思う。

この部品付かないから溶接してくっつけるみたいな事が出来るのはAndroidならではって事なんだろう。

 

逆にプリインストールアプリでAndroidならアンインストールでき無さそうなアプリが消せたり、その逆でこのアプリ消したいんだけどってアプリが消せなかったりする。

 

こりゃGoogleのPixel3あたりを買った方がよほど苦労しないで使えたと思う。

AndroidからiPhoneに買い替えた人、iPhoneからAndroidに買い替えた人。

業界人なら使いこなすだろうけど、一般人ならどうなのかってのも調べてみたい。

 

とりあえずセットアップを進めよう…このままじゃただの板だから。